フミン酸の応用

土壌施用
0.02%~0.05%の濃度のフミン酸溶液をベースドレッシングとして、4500-6000kg / haの農場肥料と合わせる。 HumiBaseは主に土壌施用によって使用されます。

トップドレッシング
苗立ちの段階で、植物根に0.01%〜0.1%の濃度で3750kg / haのフミン酸溶液を適用する。 田んぼのために水で洗い流すか、水面に広げる。 それは植物の成長発展を大きく促進する。 K-ONEはトップドレッシングで完璧に使用されています。

葉のスプレー
後期開花と早期充填の段階で、750-1200kg / haのフミン酸0.01-0.05%を適用すると、茎と葉から小麦の頭部に移行する栄養素を助け、核の重量を増加させる。 スプレー期間は2〜6時に示唆されます。

K-ONEスーパー PowerAmino Super Trace AminoSeaNovaは葉の散布に最適です。

浸す種子
フミン酸溶液に浸して種子の発芽率を高め、根系を発達させる。 0.01-0.05%濃度のフミン酸溶液で種子を浸し、浸漬時間は種皮の厚さに依存する。 一般的に、薄い種皮のある野菜と小麦の場合は5〜10時間、水田や綿などの実の種子の場合は最低24時間です。