濁りの原因となるフミン酸カリウム

1、コンクリートの収縮性能。 水酸化カリウムのコンクリート、室温で保存したHumateカリウムと混合すると、収縮の最初の2ヶ月がわずかに大きくなり、コンクリートの収縮の混合物が3ヶ月後に添加されたものよりも小さい。

2、抗凍結融解。 コンクリートと混合された水酸化カリウムは、時間よりも嵩密度が大きくないことを示し、そのコンパクトさ、したがってより良い凍結融解防止性能を示す。

3、反混合特性。 コンクリートを含む水酸化カリウム、腐食性カリウムは、その不透過性ラベルの不透過性に対する凝固の添加よりも高い。

4、コンクリートのクリープ。 水酸化カリウムと混合したコンクリートのクリープ度は非添加コンクリートのクリープ度よりも小さく、クリープ係数は小さいので、プレストレス化された近接土壌で使用する場合に必要な性能を維持することができる。

5、その他の特性、水酸化カリウムの添加コンクリートの炭酸化と腐食、リン酸カリウムなどは、テストレポートを持っています。 一般的に、通常の使用の下では、有害作用を有することは見出されなかった。

最初の水酸化カリウム溶液では、最初に水酸化カリウム固体をメスフラスコに入れることができません。水に溶解した水酸化カリウムは発熱するため、腐食性カリウムは一定量の水酸化カリウムを小さなビーカーに秤量する必要があります

二酸化炭素の蒸発に使用する前に蒸留水1000ミリリットルの蒸留水、蒸留水に蒸留水5.8から6グラムを入れ、水酸化カリウム3グラムを小容量のボトルに入れ、次に100ミリリットルの蒸留水に入れる。

その後、ゆっくりと注入してCO2を除去し、蒸留水/脱イオン水を冷却し、ガラス棒で絶え間なく攪拌して水酸化カリウムを完全に溶解させた後、フミン酸カリウムを自然​​冷却し、ガラス棒で容積フラスコ。

その後、沸騰させてCO2を除去し、蒸留水/脱イオン水を冷却してガラスとビーカーを3〜4回洗浄し、ローションをメスフラスコに入れ、次にボトルの容量を量りました。

約30分後、水酸化カリウムの溶液がうまくいった。

固体水酸化カリウム濁度の影響の理由は、水酸化カリウム試薬が炭酸塩を含むことである。 水酸化カリウム試薬をアルコールに添加すると、アルコールに不溶性の炭酸カリウムおよび炭酸ナトリウムのフミン酸カリウムがアルコール中に懸濁し、溶液の濁りが生じる。 溶液の濁りを防止するための鍵は、炭酸塩を除去することである。

炭酸カリウムの標準溶液中の炭酸カリウムを除去したい場合は、必要な濃度の水酸化カリウム試薬、リン酸カリウムを取り、メタノールを添加し、振とうし、溶液が透明になるまで約1週間放置します。沈殿する。

しかし、固体水酸化カリウム、フォルメートフミン酸塩中の炭酸塩の除去は、エタノール含量の95%が高いため、上記の方法を使用することはできません、炭酸塩の一部が水に溶けて、それは分離することは困難です固体水酸化カリウム約2週間放置した塩化バリウム溶液(1L約3 5mLの塩化バリウム溶液)の10%を加え、溶液が透明になるまでフミン酸カリウムを加え、ろ過して沈殿物を捨て、溶液を採取する。